— 近況のご報告と御礼 —
英傑陣法まとめを公開中です。
SNS等で陣法のSSを公開、共有された皆々様に御礼申し上げます。

英傑陣法まとめ

浪人になって生きてみる信オン2024

日記
日記

なんやかんやあって、予期せぬあんな事やこんな事が起きる。そして自分が起こした事に後悔や反省もするオンラインゲーム。お騒がせしております、さくらいです。

Xの方で告知させて頂いていた通りで1stチーム浪人になりました(*ノωノ)

お世話になった、なっている知人達、国や同盟国の皆様には本当に良くして頂きました。感謝させて頂いております🙇🏻

暖かいお言葉や対話をいくつか頂きました。光栄です!
そこで、近況報告も兼ね、発端も含めた経緯をこちらでご報告致します。

え?浪人が面白い@@?

浪人面白そうだなと思ったきっかけは、旧友からの対話にありまして~

「桜井さん 浪人面白いよ~」

「気楽だよ~」

そこから、興味が沸きつつも仕官は継続。前期のしこり🤫を残したまま今期をスタートしてしまってました。

浪人は信オン始めた頃から、なんて大変で不遇な身分なんだ~と思ってたのですが、サービス終了後に「長期の浪人を経験しておけば良かった、、」と後悔するよりもこの機会に浪人を経験をしてレポートでもしてみようかな?と思い。それで、浪人について考えました。貴重なピボットの瞬間💡

AIに相談してみる

いろんな知人達にこの浪人生活に挑戦してみたい思いを伝えて相談をしたのですが、浪人の印象がお互いにしっくりこず。
で、最近の時事ネタにもなると思って信オンの浪人の良し悪しをAIのChatGPTに相談をしてみました。(以下はXの動画でみれます♪AIからの回答はやい、はやい!!!)

以下、ChatGPTからの回答コピペ

「信長の野望Online」における浪人(家臣に所属せず、どの勢力にも属さないプレイヤー)のメリットとデメリットを以下にまとめます。

### 浪人のメリット

1. **自由なプレイスタイル**:
– どの勢力にも縛られないため、自由に行動できる。気軽に冒険したり、商取引を楽しんだりできる。

2. **他勢力との交流**:
– どの勢力の城下町にも自由に出入りできるため、各地のプレイヤーと交流しやすい。

3. **PvPへの参加**:
– 戦争状態での参戦も自由に選べるため、どの勢力ともバトルが可能。

4. **政治・戦略の負担がない**:
– 勢力に所属していると、政治や戦略に関する責任や参加を求められることがあるが、浪人の場合、そのような義務から解放されている。

5. **移動の自由**:
– 勢力に所属していないため、敵対する勢力による移動の制限を受けることがない。

### 浪人のデメリット

1. **勢力特典の喪失**:
– 勢力に所属することで得られる様々な特典(資源、名声、特別なアイテムやスキルのアクセスなど)が受けられない。

2. **連帯感の欠如**:
– 勢力に所属していないため、勢力戦などの団体活動に参加する機会が少なく、連帯感やチームワークを感じる場面が少ない。

3. **城下町の利便性の欠如**:
– 勢力に所属することで利用できる専用の施設やサービスが利用できない。

4. **自己管理の難易度**:
– 勢力に頼らずに自己管理をする必要があるため、資源の獲得や装備の強化などが難しくなる場合がある。

5. **社会的信用の欠如**:
– 勢力に所属していないため、他のプレイヤーからの信頼や信用を得にくい場合がある。

浪人としてのプレイは、自由度が高く、自分のペースでゲームを楽しみたいプレイヤーには向いていますが、同時に、勢力に属することで得られる様々な恩恵を放棄することになります。どちらを選ぶかは、プレイヤーのゲームプレイの好みや目標に依存します。

ChatGPT – 信長の野望onlineで浪人になるメリットとデメリットを教えて欲しい

内容については細かな事を言い出すとキリがないのですが、メリット、デメリットで注目をしたのはこちら

4. **政治・戦略の負担がない**:
– 勢力に所属していると、政治や戦略に関する責任や参加を求められることがあるが、浪人の場合、そのような義務から解放されている。

### 浪人のメリット

私は敵国の人と紋が違う事で意識し合うのが嫌で嫌で🙂‍↕️とある紋を持っている事で先入観を与えられたり、そして与えたり。これを少しでも少なくする事ができるのが浪人の大きなメリットじゃないのかと思いました。
「あの国は気持ち悪い人が多いw」とか昔から耳にする言葉ですよね (/_;)

デメリットだと、

1. **勢力特典の喪失**:
– 勢力に所属することで得られる様々な特典(資源、名声、特別なアイテムやスキルのアクセスなど)が受けられない。

### 浪人のデメリット

皆さんと私が一番気にする点だと思います。大半はもちろん両国銀💰

  • 俸禄が貰えない
  • 貢献俸禄が貰えない
    冒険貢献と稼業貢献(楊枝の生産奥義ノックおすすめ👍)で2,000/週とか
  • 両国銀が無くなる
    出奔すると保有している両国銀がゼロになる
  • 両国銀が取り扱えなくなる
    領国銀包が利用できなくなる(倉庫には預けられる、両国銀大包など)
    冥宮の宝箱12個を毎週あけると大包で3,000/週以上とかになりますね~

ですので、腰袋のステ強化、最近ですと銀10,000で交換できる開運抽選券・寅🎰も貰えなくなります。

2. **連帯感の欠如**:
– 勢力に所属していないため、勢力戦などの団体活動に参加する機会が少なく、連帯感やチームワークを感じる場面が少ない。

### 浪人のデメリット

やはり来ました連帯感🫂勢力会話、合戦はもちろん、国毎のイベントなどがこれに該当しますね~

どこどこの国にいるから安心とか、知人や友達がここにいるから安心とかの「帰属」や「所属」に関する意識のせいでチャレンジができてない事があるんじゃないのかなぁ?とか逆行して考えたり🤔

帰属、連帯で自分の幸せを掴めるのかな?

私の浪人になった理由の多くはここにあると思います。属しているメリットを維持する為に、時に自分の気持ちを抑えて動かなければならない事、SNSなどでの発信を控える事など。
SNSについては、端的に「発信しなけりゃ良い!」なんですが、発信する事で自分という存在を確認できる瞬間でもあり←これはとても重要(生存本能的な?)個々の性格や私の生き方なので察して頂きたいです🤒

リアルもですが、この属する事の維持の縛りにもう懲り懲りしてしまってます(汗

帰属意識、所属意識の違いと、それらを向上させるには?|スキルマネジメントマガジン
「帰属意識」と「所属意識」この言葉のちがい、わかりますか?「帰属意識」とは、「自分はチームの一員である」とか「組織の仲間である」といった、仲間意識のこと。一方「所属意識」には、どういった意味があるのでしょうか?実は、微妙にニュアンスが違うん...

もっぱら、私のリアルのトレンドワードはティール組織、DAO(分散型自律組織)の一部です!
今は、個々の気持ちを豊かにし、個々を尊重する時代だと思ってます!!

決断の時!

リアルの知人にゲームの世界で浪人になる事を伝えたら、

島 左近 みたいですねっ!!

おー!その目線は無かった〜。そういう心境でこの浪人生活を楽しんでみようと思います♪

浪人としてのプレイは、自由度が高く、自分のペースでゲームを楽しみたいプレイヤーには向いていますが、同時に、勢力に属することで得られる様々な恩恵を放棄することになります。どちらを選ぶかは、プレイヤーのゲームプレイの好みや目標に依存します。

ChatGPTの最後のまとめた言葉は考えさせられました~。なんでゲームを復帰したのかな?とか、リアルとどう紐づけたいのかな?などなど

そして、浪人になる決意を固め出奔をしました。

浪人実践中

以下は浪人なりたてで経験してる事、しょっぱなで経験した事です。

  1. 浪人後の安土での能力へのステータスは変わりなし
    名声が少し減りました。



  2. 称号
    勢力称号を失う🤯(合戦好き、合戦参加初心者さんには厳しいかも?)
    • 新参(仕官日数 10日以上)
      生命+1000 気合+1000
      腕+50 耐+50 器+50 知+50 魅+50 土+50 水+50 火+50 風+50
    • 忠臣(仕官日数 30日以上)
      生命+600 気合+600
      腕+30 耐+30 器+30 知+30 魅+30 土+30 水+30 火+30 風+30
    • 忠勇無双(仕官日数 90日以上)
      生命+400 気合+400
      腕+20 耐+20 器+20 知+20 魅+20 土+20 水+20 火+20 風+20

      合計:生気2000と九光+100 ⤵️

      合戦場でのみの変化とはいえ、武将戦好きな私にとってはこれはちょっと痛い🤕
  3. 合戦に自由に参加できなくなる
    合戦好きへの最大のデメリット。合戦の参加人数が相手国よりすくないと入れない
    _(:3 」∠)_

    この点も浪人縛りの醍醐味かも?と思い、まずは浪人になって不遇を経験して見ようと思いました。この点はすごい焦点になりそうで、浪人としてリポートして行きたいと思います。

まとめ

以上、なんやかんやで書いてきましたが、サービスが開始し飽きられてしまってる?ゲームに対して自分で窓を大きく開いて新しい空気を入れてみました。

ゲーム内のキャラクターはこんな感じですが、年内、力を入れたいのは英傑陣法まとめサイトの構築!
難解な英傑陣法の不平等さを少しでも感じなくなり、引退者が少しでも減ってこのゲームに貢献できればいいな~と

この「浪人を経験してみる」と「英傑陣法」の二つのリポートを発信して、信長の野望Online楽しい!と思う人が出ればいいな~と思ってます。

以上

2024年もあと半分ですね🤗
さくらい ぶどうをこれからもよろしくお願いいたします🙇🏻

生まれ故郷の雑賀郷両替前にて~(2024年の決意)

浪人になって知りたい事

合戦で浪人のまげを取られた時のまげの報酬数はどうなるのか?

【追記】浪人のメリット

  • 居城で国の制限なしで居城を攻める事ができる
Subscribe
Notify of
guest
1 Comment
Inline Feedbacks
View all comments
1
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x